とりとめのない日々の出来事
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バースってやっぱりハッピーバースディの歌で毎年なじられるのかな

>挨拶

昨日馬の話したし、今日は家畜の豆知識でも

・豚のペニスは螺旋型



・マウスの精子の頭部は鍵型でカッコイイ

spo_01.jpg


・牛は人工授精用の精子を取るとき、ダッチワイフを使う

saiseisagyou.jpg

ご丁寧にローションやメスの匂い付き、オナホ部分は温められています

・牛の性交は一突きで終わる



・猫のペニスは刺付き

2009-01-05T18 12 13-1

・イカの足の10っ本の内一本は生殖器

・正常位で性交するのは人間とボノボだけ

・ゴキブリも前戯する(犬、猫、ハムスターも)

・wikiの前戯のページの注意点がなんか笑える

注意点 [編集]

これらの行為では、ほとんどの場合において、他人との比較はきわめて難しい。特に普段見ているポルノビデオの真似をして見るのは一つの手段でもあるが、いきなりそのような媒体の真似事をはじめると、相手を戸惑わせ、場合によっては不快感を催させる結果にもなりかねない。事前に同じビデオを見て「今度、これを試してみようか?」などとする確認を取っておく方法も薦められる。特に人間同士のこれらの行為では、言葉によらないコミュニケーション手段とも言えるので、意思の疎通は重要である。

また力加減も重要な問題で、男性のペニスの先端部(亀頭)は乾燥状態における強い摩擦に弱く、睾丸は過度に圧迫されると鈍痛を、さらに強く圧迫すると激痛を与える。女性の陰核は軽く触れるだけで充分で、摘んで引っ張ったり、乾いた指でこすられると、男性の亀頭以上に痛みを感じる。また女性の乳首・乳房も、強い張りのある人では、あまり強く刺激されると男性の睾丸同様に鈍痛などの痛みを生じると言われる。しかし中には、その痛みが微妙にいいという人もあるため、はじめは加減して、次第に強くして、様子を伺いながら加減を調整するのがよいと思われる。

なお一般にはあまり語られることは少ないが、男性の乳首も、多分に感受性の高い部位である。触れる・摘む・舐るといった行為も有効であるため、これらも併せて相互理解を深めるのもよいと思われる。特に性器以外の皮膚表面全般に対する性感帯分布は、感度の差こそあれ、男女差が意外と少ないことが知られている。「自分が触られて嬉しい・気持ちよい部分」を相手の体に置き換えて触って見るのも、この前戯における一つの手段である。

終盤は家畜じゃなかったね

ただの性の豆知識になってしまったなー(棒読み

ナンデカナー


ノシ

スポンサーサイト

【2012/11/11 00:16】 | 日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。