とりとめのない日々の出来事
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ボンクラーハンター3Gくらいだったらソロで全クリできそう

>挨拶

手荒れが酷いッ

手荒れについてなんやかんや書きます
私どういうわけか夏からずっと手荒れとアカギレに苛まれてましてね

書き間違えじゃないですよ?夏からです、夏から

秋口に一回皮膚科いったんですが主婦湿疹と診断されました

ワセリンとか乾燥防止の塗り薬を処方されまして

治ってはまたカッサカサ+アカギレになるって繰り返してます



空気の乾燥が本格化してくるので先日別の皮膚科へ

今度は飲み薬を処方されました

ユベラNとかいう血管の詰まりを和らげて血行をよくするお薬みたいですね

指先まで血液がちゃんと流れていないせいでアカギレになってると診断されたようです

手荒れ:油が足りない

アカギレ:血と水分が足りない

色々足りてないね



ユベラNって飲み薬なんですけどね

ニコチン酸とビタミンEがくっついてる薬らしいです

ニコチン酸ってあれよ?タバコのあれは関係ないよ?

ビタミンBの仲間でコレステロール値を下げるんだって



ビタミンEは細胞が酸化されて死んだり老けたりするのを防ぐらしいよ

細胞の酸化が進むと血管が硬くなるから動脈硬化になりやすいんだとさ

酸化を防ぐもの(SOD)が体にはあるんだけど30歳過ぎるとだんだん減ってくってさ

まだ20代前半なのに、血管はおっさんなのね、私



この薬ね他にも肩こり、耳鳴り、めまい、頭重感に効くんだと

最近耳鳴りするからちょうどいいね



薬やサプリメントに頼りっきりってのもどうかと思うんで食生活とか改善しなきゃね

手荒れの原因は寒さで硬くなった皮膚や洗剤で手の油が落ちて傷つきやすくなったとこに雑菌が入ってしまうかららしい

まさか洗い物をしないってわけにはいかないので雑菌に負けない手にしなきゃね

そこでビタミンBですよ

ニコチン酸やらのビタミンB群は糖、脂質、たんぱく質をエネルギーに変えて代謝をあげてくれるそうです

代謝があがるとケガの治りが早くなるね

口内炎が治るのが遅いのは代謝が遅いから

口内炎にはビタミンがいいって言われてたのでできたらミカンとかビタミンCの多そうなもの食べまくってました

まさかCじゃなくてBが効くとはね、通りで効果がなかったわけだ OTL

みかん食べてるのにおかしいなぁ、っておかしいのは私の頭でしたね



ビタミンBにもいろいろありますね

ビタミンB1とかB5とかね、先程のニコチン酸はビタミンB3です

それぞれ効果が違うので闇雲に摂取してもダメね

B2:脂肪の分解、眼精疲労に
   メタボや生活習慣病に効果

B3:代謝をあげる、アルコールの分解、コレステロールや中性脂肪を減らす
   生活習慣病や二日酔い、口内炎などに効果が

B5:エネルギー生産、疲労回復、ストレスへの抵抗性、ビタミンCと協力してコラーゲンをつくる
   傷の回復が早くなる

B6:たんぱく質の代謝をあげる、髪、肌、爪が健康になる


共通していえるのは、代謝の改善ですね

肌や髪が元気になるね

肌ってビタミンCじゃないのね

Cはメラニン(黒い色素、シミとかの原因)を抑えるのか

乾燥や油の減少を抑えるのはビタミンAだとっ・・・

C以外のビタミンとか眼中になかったのに


こいつら水に溶ける上に熱で分解しちゃうからタチが悪いね

洗ったり焼いたり煮たりしている間にいなくなちゃうてお前・・・

魚とかに多く含まれているので刺身で食べるといいと思いました。

栃木はあまり新鮮な魚が出回らないので困ったものです

一昨年、刺身用のアジを買ったらエラが真っ黒だったのはいい思い出

静岡帰りたいなぁ・・・  長文書いといてこの〆は酷い



尿素は皮膚の角質分解と水と馴染んで潤いを保つのだけど

使いすぎると必要な角質まで持っていかれて逆にダメージうけちゃうから注意

スクラブやピーリング、フルーツ酸のAHA、レチノールも角質を分解する成分ですよ


栄養素とかは単独じゃなくて他のと組み合わさってはたらくので一点集中では意味がなく

摂りすぎるとバランスが崩れてダメになるよ

一人暮らしだと無理ゲーっぽいけど出来る範囲でやってみましょう


ノシ

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
私どういうわけか夏からずっと手荒れとアカギレに苛まれてましてね

書き間違えじゃないですよ?夏からです、夏から

秋口に一回皮膚科いったんですが主婦湿疹と診断されました

ワセリンとか乾燥防止の塗り薬を処方されまして

治ってはまたカッサカサ+アカギレになるって繰り返してます



空気の乾燥が本格化してくるので先日別の皮膚科へ

今度は飲み薬を処方されました

ユベラNとかいう血管の詰まりを和らげて血行をよくするお薬みたいですね

指先まで血液がちゃんと流れていないせいでアカギレになってると診断されたようです

手荒れ:油が足りない

アカギレ:血と水分が足りない

色々足りてないね



ユベラNって飲み薬なんですけどね

ニコチン酸とビタミンEがくっついてる薬らしいです

ニコチン酸ってあれよ?タバコのあれは関係ないよ?

ビタミンBの仲間でコレステロール値を下げるんだって



ビタミンEは細胞が酸化されて死んだり老けたりするのを防ぐらしいよ

細胞の酸化が進むと血管が硬くなるから動脈硬化になりやすいんだとさ

酸化を防ぐもの(SOD)が体にはあるんだけど30歳過ぎるとだんだん減ってくってさ

まだ20代前半なのに、血管はおっさんなのね、私



この薬ね他にも肩こり、耳鳴り、めまい、頭重感に効くんだと

最近耳鳴りするからちょうどいいね



薬やサプリメントに頼りっきりってのもどうかと思うんで食生活とか改善しなきゃね

手荒れの原因は寒さで硬くなった皮膚や洗剤で手の油が落ちて傷つきやすくなったとこに雑菌が入ってしまうかららしい

まさか洗い物をしないってわけにはいかないので雑菌に負けない手にしなきゃね

そこでビタミンBですよ

ニコチン酸やらのビタミンB群は糖、脂質、たんぱく質をエネルギーに変えて代謝をあげてくれるそうです

代謝があがるとケガの治りが早くなるね

口内炎が治るのが遅いのは代謝が遅いから

口内炎にはビタミンがいいって言われてたのでできたらミカンとかビタミンCの多そうなもの食べまくってました

まさかCじゃなくてBが効くとはね、通りで効果がなかったわけだ OTL

みかん食べてるのにおかしいなぁ、っておかしいのは私の頭でしたね



ビタミンBにもいろいろありますね

ビタミンB1とかB5とかね、先程のニコチン酸はビタミンB3です

それぞれ効果が違うので闇雲に摂取してもダメね

B2:脂肪の分解、眼精疲労に
   メタボや生活習慣病に効果

B3:代謝をあげる、アルコールの分解、コレステロールや中性脂肪を減らす
   生活習慣病や二日酔い、口内炎などに効果が

B5:エネルギー生産、疲労回復、ストレスへの抵抗性、ビタミンCと協力してコラーゲンをつくる
   傷の回復が早くなる

B6:たんぱく質の代謝をあげる、髪、肌、爪が健康になる


共通していえるのは、代謝の改善ですね

肌や髪が元気になるね

肌ってビタミンCじゃないのね

Cはメラニン(黒い色素、シミとかの原因)を抑えるのか

乾燥や油の減少を抑えるのはビタミンAだとっ・・・

C以外のビタミンとか眼中になかったのに


こいつら水に溶ける上に熱で分解しちゃうからタチが悪いね

洗ったり焼いたり煮たりしている間にいなくなちゃうてお前・・・

魚とかに多く含まれているので刺身で食べるといいと思いました。

栃木はあまり新鮮な魚が出回らないので困ったものです

一昨年、刺身用のアジを買ったらエラが真っ黒だったのはいい思い出

静岡帰りたいなぁ・・・  長文書いといてこの〆は酷い



尿素は皮膚の角質分解と水と馴染んで潤いを保つのだけど

使いすぎると必要な角質まで持っていかれて逆にダメージうけちゃうから注意

スクラブやピーリング、フルーツ酸のAHA、レチノールも角質を分解する成分ですよ


栄養素とかは単独じゃなくて他のと組み合わさってはたらくので一点集中では意味がなく

摂りすぎるとバランスが崩れてダメになるよ

一人暮らしだと無理ゲーっぽいけど出来る範囲でやってみましょう


ノシ

スポンサーサイト

【2011/12/22 22:10】 | 日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。